老老介護で奮闘中

sugishoo.exblog.jp

我が家の夕食献立記録帳です。 高齢化社会のひずみか、我が家にも老老介護の波が押し寄せてきました。 乞う<ご慈愛> 乞う<ご支援> よろしく

炒り豆腐&里芋煮

f0350959_09002194.jpg
前回、初挑戦で上手く行った「炒り豆腐」昨日も作ってみました。
奥さんと二人の共同作業でしたが、上手く行きません、失敗でした。
それでも、美味しく頂きました。

昨日の中日新聞生活面の投稿に「老老介護デビューから一年」と題した記事が載ってました。
それによると、奥さんが脳出血で倒れ、要介護5のほとんど寝たきり、認知症の症状も進みがちだそうです。
さらに、腹部に開けた穴からチューブを通し栄養剤を送る「胃ろう」の処置。
奥さんの「うちに帰りたい」との希望をかなえ、自宅での老老介護の始まり。
「お父さん、迷惑かけてごめんね。天国へ行っても、また一緒になろうね」こうした言葉を聞くと疲れも吹き飛ぶそうです!
また、旦那さまは奥さんに口から食べて「おいしい」の感動を味わはせたく、懸命の介護で「胃ろう」を外す許可が出たそうです!

夫婦愛あふれるお話、我が家のお手本として、肝に命じます。
確かに、家の奥さんも私の感情に敏感になり、症状にも影響する様です。






[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sugishoo | 2014-08-20 10:37 | Comments(0)